食事療法と運動療法を行うことで改善が出来る

コンテンツ一覧

部位によって異なる治療

食卓

専門医に相談しよう

脳腫瘍は誰でも罹患をする可能性がある疾患です。年齢はあまり関係がないとも言われています。子どもでも脳腫瘍に罹患をすることがあるので、本人が症状を上手く伝えることができずに親が異変に気付いて医療機関を受診するということが多いです。早期の段階で気付けばよいですが、医療機関の受診が遅れたり、クリニックの受診で対応をしていると発見がどんどん遅れてしまいます。そうなると治療方法も限られてきてしまい、生存率も下がってしまいます。また脳腫瘍ができる部位によっては、手術で摘出をすることができずに化学療法のみを行い、少しでも痛みを緩和させる方法しか選択できないという場合もあります。脳腫瘍の出来る部位によって生存率も大きく変わってくると言えるでしょう。大人でも中々異変に気付かないということがあるようです。激しい頭痛が起きて医療機関を受診して、その上で脳腫瘍だと判明するということもあります。治療も長期にわたることがあるので、社会復帰が中々できないということもあります。再燃をすることも多く、一度脳腫瘍が出来てしまうと、一生付き合っていかなければいけない疾患になってしまうこともあります。また最初に受診をした医療機関によっては検査までに時間がかかってしまい、その間に病状が悪化をすることもあります。即時に検査をしてくれて原因をはっきりさせてくれる医療機関もあるので、初診の段階で生存率が決まってしまうということもあります。