食事療法と運動療法を行うことで改善が出来る

コンテンツ一覧

後遺症改善のために

食事

自宅でも積極的に行う必要がある

脳内にある血管が原因で起こる病気に脳卒中があり、血管が破れてしまって詰まってしまうことで、脳全体もしくは局部的に機能を失ってしまうことになります。この血管が原因で起こる病気に脳梗塞・脳出血・くも膜下出血があり、脳卒中はこれら病気の総称です。脳梗塞は血管内部に血栓が出来ることで血管が詰まってしまう病気で、酸素が行き渡らなくなってしまうことで起こります。酸素が不足、もしくは供給されないことで細胞が壊死し、局部的に機能が失われてしまった結果、脳梗塞を発症してしまいます。梗塞を起こし入院治療を行うことになった時、大事なことはリハビリです。迅速にリハビリを行うことで回復も早くなり、元の生活が出来るようになっています。脳梗塞で入院中は院内でしっかりリハビリを受けることが出来ますが、退院後のリハビリをしっかり行うことも大事なことになります。自宅でのリハビリをキチンと行うことが、早い回復と元気な身体を取り戻すことになり、手を抜いてしまうと元の姿に戻ることが難しくなってしまいます。自宅で行うための重要なことは生活環境を整えることで、手すりとかスロープ、更にはバリアフリーにするなど安全性を重視することが大切になります。出来るだけ動きやすくなる工夫が必要で、動きにくいことからジッと暮らすことのないようにします。積極的に外出することを考え杖や車椅子を使うことで、外の空気を吸う機会を多くする精神的にも良い方法になります。